AWDLP210-027
COMbricks - PROFIBUSシステムの運転状態を常時監視するために

COMbricksを使って、PROFIBUSの運転状況を常時監視できます。

PROFIBUSは工場内で稼働する機械・制御システム間のデータを高速に通信します。
そして、PROFIBUSが安定して通信することは、機械・制御システムの安定運転の条件です。

もしPROFIBUSシステムで通信エラーが発生したら、アナライザ・ProfiTrace2を使って、トラブルの解析ができます。
ただし、ProfiTrace2はトラブルが発生した後に、システムに接続することが多いため、ProfiTrace2をつないだ時にエラーが発生しなければ、障害の原因を究明しにくいことがあります。

COMbricksは
  ・トラブルが発生する前に、予知現象をチェックして、予防保全をしたい。
  ・トラブルはまれに発生するのだが、エラーの瞬間を確実にとらえて、通信データを収集し、トラブル原因を確定したい。

というご要望にお答えできます。

COMbricksは、トラブル時の通信データの収集だけでなく、Ethernetポートを使って遠隔地のPROFIBUSシステムの状態を監視することもできます。
機械メーカ殿が納入した機械のPROFIBUSの状態を遠隔からチェックするのに適しています。

COMbricksには
・リピータ機能(波形整形機能付き)
・収集したメッセージをEthernetを使って監視・解析するアナライザ機能
が一体化されているのです。

    デモシステム=>クリック: COMbricksにより、オランダにあるPROFIBUSシステムをインターネット経由で監視するデモをです。

 
COMbricksの機能

・リピータ機能
  COMbricksはHead Stationとモジュールを組み合わせて構成されます。
  PROFIBUSの信号は、リピータモジュールを介してCOMbricksに接続されます。
  このリピータはセグメントの分割をするだけでなく、波形の整形機能も備えています。
  COMbricks 1台は、4系統のPROFIBUSシステムを同時に処理する能力を持っています。
・アナライザ機能
 (1) ProfiTrace OE (Over Ethernet)
  PCとCOMbricksをEthernetで接続して、一般のブラウザ(Internet Explore, Fire FOX等)から、
  PROFIBUSシステムを観測できます。
   ・機器のライブリスト
   ・エラーメッセージをトリガとして、前後のメッセージをキャプチャします。
    キャプチャデータはファイル形式で保存され、Ethernetでダウンロード、またはCOMbricksが
    内蔵しているSD2カードに保存できます。
   ・オシロスコープ機能付きのスコープリピータを使うと、スコープリピータに接続している機器の波形
    と電圧のバーグラフを観測できます。
 (2) Ethernetの設定により遠隔地からのCOMbricksをアクセスして、PROFIBUSシステムを監視できます。

COMbricksの構成:
  ・Head Stationとリピータモジュール、接点入出力カードを持ちます
   COMbricks 1台には 最大32枚のモジュール・カードを挿入できます。
   Head Stationは 1A, 1Cの2種類のから選択します。                  図 COMbricksの構成
   COMbricks 1台に1枚のHead Stationが必要です。
  ・リピータモジュールは
    1チャンネルリピータ
    2チャンネルリピータ
    スコープリピータ
    PAモジュール
   の4種類のモジュールがあります。
   COMbricks 1台には 最大10枚のリピータモジュールを挿入できます。
  ・接点出力カードは、リピータを挿入した以外のスロットに挿入できます。
   PROFIBUSのエラーを検知した場合の、アラーム端子として使用できます。




代表的な構成例

COMbricksを使って、PROFIBUSの3つのセグメントを結合します。
接続のカードとして、スコープリピータを使っているので、スコープリピータに接続される機器の波形と電圧をEthernet経由でPCから監視できます。
同時に、通信メッセージを収集できます。(エラーによりトリガをかけて、収集をスタートすることもできます)

システム例


説明
1CHリピータにより、PROFIBUSシステムの信号を収集します。
Head Station Type1BからEthernet通信を使って、PROFIBUSシステムの運転状態が監視できます。
(PROFIBUS機器の稼働状態の表示、電文のキャプチャ、エラー時のメッセージのキャプチャと保存 等)
ECO minitoring kit(101-200QBR)
使用モジュール
  Head Station Type1B  1枚 
  1CHリピータ          1枚 

         合計    160,000円 (+消費税)



説明
上のシステムの機能に加えて、接続されたPROFIBUS機器の波形もWEBから監視できます。
Standard monitoring kit (101-200QBS)
使用モジュール
  Head Station Type1B  1枚 
  スコープリピータ        1枚 

         合計    230,000円(+消費税)


機器の種類と価格(表示価格は税抜きです。消費税が加算されます)

モジュール(最大10枚挿入できます)

1CHリピータ
(オーダー番号
101-201101)
価格:47,000円

1セグメント(Max30台)の
機器が接続できます

2CHリピータ
(オーダー番号
101-201102)
価格:63,000円

2セグメント(Max60台)の
機器が接続できます

スコープリピータ
(オーダー番号
101-201210)
価格:120,000円

1セグメントの機器が接続でき
波形がWebで監視できます

1CHソルトリピータ
(オーダー番号
101-201710)
価格:120,000円

1セグメントの機器が接続でき
波形がWebで監視できます。
ノイズに強い構成ができます


PAモジュール
(オーダー番号
101-201610)
価格:120,000円

PROFIBUS PA(MBP)機器を
最大30台接続できます



Head Station(スロットの左端に1枚だけ挿入します)

Head Station Type1C
(オーダー番号
101-20011C)
価格: 175、000円

PROFIBUSを4系統接続と
ProfiTrace OEが
4ネットワークできます。

Head Station Type1B
(オーダー番号
101-20011B)
価格:130,000円

PROFIBUSが4系統接続
できます。ProfiTrace OEは
1ネットワークできます。


外形仕様
  各モジュール共通  H*D*W mm   110*140*25 mm  150g (1モジュール)  
  DINレール取付

システム構成と価格についてはご相談ください。
TJグループ株式会社  (E-mail: motoyoshi@profibus.jp)